世間には無料で利用できる写真アップロードサイトが多数あります。私は基本的に写真に関するサイトのサービス開始を見ると、とにかく使ってみる行動派です。長年使ってきて「結局コレしか使わないな」なんて結論も出ていますので、その辺りをまとめてみたいと思います。“写真サイトに写真をアップロードして、ブログに貼り付ける”という目的ですので、コミュニケーション部分の詳細な機能や、有料版の機能については触れないようにします。
尚、前もって記載しておきますが、本比較は2010年11月22日現在での比較となっています。将来的に機能などが変わる可能性もありますので、適宜実際のサイトでご確認下さい。
さて今回比較させて頂く、写真アップロードサイトは以下の9つです。紹介させて頂く順序はアルファベット順とします。

crep CreativePeople flickr flickr GANREF GANREF
livedoorPICS livedoorPICS Panoramio Panoramio photohito PHOTOHITO
photozou フォト蔵 SHASHIN-BU 写真部 Zorg Zorg

ニコンの「my Picturetown」、海外の「locr」、ログインしないと勝手に削除される「いい色」などはスペースの関係上省かせて頂きました。

では早速、比較表から載せてみたいと思います。「一目で分かる写真アップロードサイトの比較表!」みたいなそんなノリです。

写真アップロードサイトの比較表
項目 crep
crep
flickr
flickr
GANREF
GANREF
PICS
livedoorPICS
Panoramio
Panoramio
PHOTOHITO
photohito
フォト蔵
photozou
写真部
SHASHIN-BU
Zorg
Zorg
個人的所感 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
全アップロード
可能容量
無制限 無制限 Rankによる
枚数制限
2GB 2GB 1000枚 無制限 無制限 10GB
月間アップロード容量 1GB 100MB - - - - 1GB
(Point制限)
- 100枚
年間アップロード容量 10GB - - - - - - - -
1ファイル単位の
最大ファイルサイズ
50MB 5MB 6MB 5MB 25MB 8MB 10MB 5MB 10MB
一度にアップロード
できる数
6 無制限 1 20 10 10 無制限 5 5
アップロード時の
複数ファイル選択
× × × × ×
ブログ用の
タグ発行
× × ×
オリジナルサイズの
表示
× × ×
その他 ※2012/3閉鎖 ※閲覧制限 ※質重視 ※2013/9閉鎖 ※Google
※メンテ注意

※特徴的な部分は赤くしています。
※「詳細」をクリックする事で個人的見解が表示されます。

以下が各写真アップロードサイトの詳細な部分と個人的に感じる見解をまとめてみました。




Creative People

クリエイティブピープル、略して“クリピー”で親しまれている写真アップロードサイトです。運営はソフトバンククリエイティブ。元々は写真月刊誌の「デジタルフォト」と連動させたサイトでした。雑誌へのコンテスト投稿が非常に簡単でした。同誌は2010年4月に休刊した為、現在は写真アップロードサイトとして残っています。

端的に申し上げますと、多々ある写真サイトのウチ、最もオススメなのがこのCreativePeopleです。サーバの安定度、アップロードできる容量、ブログ用で使える写真の大きさが大きい点を考えると、このサイトが秀でていると思います。

無料版において、1ファイルあたり50MBまでアップロード可能というのは、世界中のどの写真アップロードサイトを見ても希だと言えると思います。実際私が EOS 7D で撮影したフルサイズ(約1790万画素)でRAWで撮影し、現像処理を行うと20MBになる場合もあります(だいたいは10MB前後になります)。その点、オリジナルサイズがそのままアップロードできるクリピーは素晴らしいと感じます。


但し1ヶ月にアップロードできる容量は1GBと決まっていますので、例えば20MBの写真ですと50枚しかアップロードできません。当ブログでは1日に3枚の写真を公開しておりますので、最低90枚程度はアップロードする必要がありますので、頻繁にブログで利用する場合はサイズを落とす以外に無いでしょう。

ブログに貼り付けるタグの方は、どうやって発行するのかが分かりにくいと思います。各写真のページに行き、写真の右上辺りにある「サイズを変える」を押して表示されるページの最下部に「Blogパーツ」という形で表記されます。慣れない間は「ブログに貼り付けるボタンが無くなった!」と探す事になります。私がそうでした。

ちなみにブログに貼り付ける標準のサイズは3:2の縦横比の場合は800 x 533ピクセルとなります。ブログに貼り付けるにはちょっと大きいですよね。私はこのサイズからimgタグを編集して 600 x 400ピクセルにして利用しています。
多少面倒ではありますが、サーバが安定して運営されていて、容量も大きく、オリジナルサイズもダウンロードができ、ブログに大きな画像で貼り付けられるのは、私の知る限りココだけです。

(2010年12月05日追記)一点だけ気を付けるとすると、規約に書かれている“1年以上ログインが無い場合は警告の上ユーザ削除を行う”という部分でしょうか。普段よく使っているので気づきませんが、ふと利用を辞めた後から知らないうちにデータが消えたという事が発生するかもしれません。

(2011年12月03日追記)2012年03月末で閉鎖が決まった模様です。
一覧表に戻る



flickr

次はフリッカー。言わずと知れた世界共通の写真サイトですね。flickrはアメリカの「yahoo.com」のサービスです。日本の「yahoo.co.jp」では無いですよ。よってログインする際にはyahoo.comのアカウントが必要になります。英語ベースなので多少面倒に感じます。
オリジナルサイズについては、アップロード時に自動的にリサイズしてしまう為、オリジナルデータへのアクセスはできません。有料版などに移行した時の為に、裏では持っているらしいのですが、無料版でアクセスはできないという事になります。

その他に特徴的なのが、マイページにおいて、自分の写真が200枚までしか閲覧できないという閲覧制限でしょうか。ちょっと珍しい制限のかけ方だと思います。200枚より昔の写真をブログなどに貼り付けていた場合は表示可能ですが、一度200枚以降に流れてしまったらその写真をブログに貼るのは難しいでしょうね。ブログで利用するには難ありだと思います

私は一時期「全世界に公開だ!」なんてタイトルも英語名に変えてアップロードしまくってましたが、世界は広いですよ。誰も見てくれやしません。仕方がないのでグループへの投稿をする事になるのですが、グループには大抵“1つ公開したら3つコメントを付けないといけない”などのルールがあります。無視しているとグループに投稿した写真が削除されます。コメントしなくて良いグループもありますが、そういうグループは、参加者全員が「コメントなんて面倒クセーな」と思っている人ばかりですので、やっぱり見てくれません。コミュニケーションを求めるなら、積極的なグループへの参加が必須だと思います。
現在私はほとんど利用していません。
一覧表に戻る



GANREF

インプレスジャパンが運営する写真アップロードサイトです。写真月刊誌「デジタルカメラマガジン」と連動しているのが特徴的です。利点はやっぱり同誌へのコンテスト投稿がしやすい点だと思います。またクオリティ重視の為、多くの写真をアップロードするには向きません。無料で何千枚とアップロードされるとサーバ管理が大変ですので、この様な運用になっていると思われます。本当に写真が好きな方がレベルアップを目指して投稿するサイトだと思って下さい。

尚、会員になりますとポイントによってランク分けされます。最初は「BASIC」でアップロードできる枚数は12枚です。「12枚て!?」みたいに思いますよね。要は“アナタの人生で渾身の一枚を投稿してください”という意味に捉えると納得の枚数だと思います。次が「BRONZE」で24枚。次が「SILVER」で120枚。最後が「GOLD」で500枚。ランクアップする為のポイントは、“お気に入りに入れられる”とか、“サイトトップにピックアップされる”とか、“入選する”などで上がっていく模様です。私はよく分からないまま「SILVER」になっていますが、デジタルカメラマガジン誌への投稿はしてませんので最近は利用しておりません。雰囲気的には「よーし写真するぞ!」みたいな気になったら使うと思います。
以上により、このサイトはブログ投稿用では無く、純粋に写真を楽しむサイトだと思って下さい。
一覧表に戻る



livedoorPICS

livedoorPICSは私が初めてアップロードをしたサイトだったように思います。また生まれて初めてのコンテストで入賞したのもlivedoorPICSだったと思います。昔はかなり制限が多かったのですが、アップロード容量も2GBになったり、改善を続けているサイトです。livedoorですので、ブログなどへの貼り付けは難なく可能です。特大サイズでの貼り付けでも650 x 434ピクセルの安心サイズとなっています。但し、縦長になるとなぜか367 x 550ピクセルと縮んでしまうのが難ありです。

このサイトでは「コメント付けたいけど、初めてだと付けにくいしなぁ」という時の為か、「クール」「キュート」「スバラシイ」なんて一発ボタンでのコメント機能が付いています。また不定期ですがコンテストも開かれる事が希にあります。画面構成的には分かりやすく使いやすいと感じています。個人的には昔からのユーザさんが多いので、気が向いた時に小さい画像を一気にアップロードしたりしています。

(2013年03月27日追記)2013年09月末で閉鎖が決まった模様です。
一覧表に戻る



Panoramio

読み方は「パノラミオ」です。この写真アップロードサイトは元はスペインのサイトだったのですが、2007年にGoogleの傘下となりました。GoogleEarthやGoogleMapsとの連携で知られています。GoogleMapsに自分の写真を載せたいなら、このパノラミオを使う以外にありません。よってブログ用に使おうという発想が出てこない為、アップロードの方法に多少の難があろうとも多くのユーザを抱えるサイトとなっています。

GoogleMapsに載せる写真ですので、アップロード時には必ず地図から撮影場所を指定する必要があります。指定しないと審査の対象外となりますのでパノラミオにアップロードしている意味が無いですよね。

審査については芸術指向の高い写真より、何気なく普通に撮った風景写真の方が採用されやすくなります。「これからそこに行こう」と思う人が見る写真となりますので、その街の雰囲気などを撮影している必要があります。審査に漏れてしまうタイプの写真は“人、車、飛行機、ペット、動物が主体の写真”だったり“マクロ写真”などのクローズアップ写真。“コンサート”“パレード”などの一時的にしか行ってない行事が主体になっているとダメになる模様です。詳しくはコチラに書いています。
一覧表に戻る



PHOTOHITO

価格.comでお馴染みのカカクコム社が運営する写真サイトです。価格.comと連携するのかと思い、咄嗟に会員になったのですが連携はしないみたいです。また容量の制限では無く、枚数で制限をかけている辺りも他と違う所だと思います。ブログ貼り付け時は標準で640 x 426ピクセルの画像が利用可能です。ラージタイプ(1024 x 682)もありますので、充分な範囲で利用可能だと思います。

使い方も分かりやすいですし、自分の写真を一覧で見た時に正方形などにカットされていないのも良い点だと思います。ブログに利用するにあたっては、やはり1000枚の制限がネックだと思います。ブログに載せた記事を消す事なんて滅多にありませんので、いつまでも残しておきたいですよね。
例えば私のように毎日3枚を載せたとしますと333日載せたら終わりになってしまいます。上限が無ければもっと活発な利用を考えると思います。
一覧表に戻る



フォト蔵

数年前、私がイチオシにしていたサイトです。このサイトはジンガジャパン(旧ウノウ)という所が運営しています。面白いのはこのジンガジャパン、ソフトバンクとジンガ社との合弁会社なんです。つまり私の中での1位(クリピー)と2位(フォト蔵)はソフトバンク絡みなんですね。そのうちどっちか消えやしないかとハラハラしております。
容量は無制限でブログ用のタグも簡単に発行できる事から、以前はこのサイトにアップロードした写真をブログに貼っていました。月間でアップロードできる制限(1GB)もありますが、別のユーザさんからお気に入りに追加して貰ったりすることで制限容量が変わります。20ポイント以上で2GBの制限となり、40ポイント以上で3GBになります。翌月になるとまたリセットとなりますので、常に他のユーザとのコミュニケーションがあれば多くの容量が使えるといった具合です。

そしてこのサイトの問題点は“メンテナンス時、一切の画像が表示されなくなる”という点と、“ブログに貼り付ける標準サイズが小さい”という点だと思います。

前者の“メンテナンス時、一切の画像が表示されなくなる”というのは「そりゃ当たり前だろ」と思いますが、メンテ時間をオーバーして終わるという事がなぜか多いのです(あくまでも個人の見解です)。写真をメインとしたブログで利用するには、メンテナンスの度にハラハラドキドキします。当時利用していた時には、ブログのサイドに赤文字で「フォト蔵がメンテ中には写真が表示されない事があります」とか書いてました。「写真ブログでコレはどうか…」と思ったのは記憶に新しい所です。

後者の“ブログに貼り付ける標準サイズが小さい”これも割と困った内容でした。標準では450 x 300ピクセルの大きさなのですが、ちょっと小さいですよね。
(2012年11月10日追記)ブログに貼り付けられるサイズに「大」が加わり「624x416」といった大きなサイズで貼り付けられるようになりました!

写真の詳細からは大画像(800x533)や特大画像(1024x683)なども選べるので「ここから拝借すればいいのでは」と思うのですが、実はオリジナルと標準サイズ以外はフォト蔵のサイトからアクセスする事で動的に作成しています。アクセスが発生した時に画像を作る事で、サーバの容量を食うのを抑えているわけですね。そしてこの動的に作成された画像は、フォト蔵側のタイミングで削除されます。ですので、この一時画像をブログに貼り付けたりすると、いつの間にか「no photo」という画像になって見られなくなってしまいます。

私は過去にこの「大画像」を面倒ながらもわざわざ貼り付けていたのですが、久しぶりに自分の過去記事を見ると、写真がほとんど表示できない事に気づいたわけであります。想像するだけで額に縦線が走りますよね。
以上のような経緯からブログにはCreatibePeopleにアップロードしたものを貼り付けるように切り替えました。

ただ制限は無いですし、アップロードもしやすいので未だにアップロードは続けております。

(2012年11月10日追記)「大」の貼り付けが出来るようになった事で、実質容量無制限のフォト蔵が現時点で最も使いやすいアップロードサイトになったと感じています。

一覧表に戻る



写真部

かの有名な、というかあまり表には出てきませんがGMOが運営しているのがこの写真アップロードサイトです。いや、“写真アップロードサイト”というよりは「壁紙.com」というサイトの派生のような位置づけなので、“写真ダウンロードサイト”と言えなくも無い気がします。

写真ダウンロードサイトであるが故、ブログに載せるようなタグは生成されません。但しアップロードに関して制限はありませんので、何枚でもアップロードする事が可能です。
flickrやlivedoorPICSもそうですが、一枚のファイルサイズが5MBまでしか指定できませんので、大きなサイズのものはリサイズや圧縮によって小さくする必要があると思います。

特徴としては「写真部」と銘打っている通り、“部活動”のような感覚で運営している所だと思います。部長と呼ばれる方が、日々「部長アワード」という形でピックアップしていき、採用されるとGMOポイントで1000pt頂けるというサービスも行われています。私も投稿していた当時に頂きました。GMOポイントは現金として銀行へ振り込む事も可能です。運営会社のサービスをうまく利用した面白いサイトだと思います。

あとはコメント欄に「壁紙頂きました!」といったような内容が書かれるのも特徴的だと思います。「え?壁紙なんかアップロードした覚えは無いよ?」と一瞬考えてしまうのですが、前述の通り“写真ダウンロードサイト”ですのでこういった形になります。
一覧表に戻る



Zorg

最後がゾーグ。ゾーグという会社が運営しています。
上記の表に書いた通り、各サイトと比べてみても“良くもなく、悪くも無く”という、あまり特徴的な部分が無いのが特徴と言えるかもしれません。

評価方法などはコメント以外にも「きれい」「クール」「クリエイティブ」などの簡単な評価が可能です。
ブログ貼り付けに至っては標準で480 x 320ピクセルとなっていますが、大きさを切り替える事でミディアム720 x 480ピクセル、ラージ1080 x 720ピクセルなどの利用が可能です。この辺りは他と違って良いのではないでしょうか。

個人的な使用感としてはログイン後のメイン画面においてタブが11個も並ぶ画面構成がイマイチだと感じます。どこから操作して良いのか毎回悩みます。

本比較において有料版には触れる必要は無いのですが、このサイトの有料版は“ダウンロード制限”なるものがあり、お金を払っても月に200MBのダウンロード制限などがあります。「どこに制限かけてんだ?」と思うのが率直な所です。回線が細いのか、過去に相当なダウンロードをされた経緯があるのかもしれません。できればユーザに分かりやすい分類と、よそに無い目を惹くサービスがあればまた変わるのではと感じたりします。


蛇足ではありますが、ここ最近(2010年11月時点)ではフォーラム(掲示板のようなもの)に対する活発な意見も途絶え、“先が短いのかな” (しつこいですが、個人の見解です)と感じざるを得ない状況になっています。
一覧表に戻る


ということで、日々写真を撮っている方にとっては無料の写真サイトの存在はありがたいものであります。私は成功写真のバックアップの意味を込めて、オリジナルサイズでの保存と表示が割と重要だったりします。ダウンロードする機会はほぼありませんが、急に必要になった時に自宅のHDDから引っ張り出すよりはネットの方がエレガントですよね。

これら無料の写真アップロードサイトを運営されている方々には感謝しております。みなさん良い写真ライフを!
写真が上手くなる デジタル一眼 基本&撮影ワザ写真が上手くなる デジタル一眼
基本&撮影ワザ

著者:上田 晃司
インプレスジャパン(2011-03-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ともかくカッコイイ写真が撮りたい!ともかくカッコイイ写真が撮りたい!
著者:橘田 龍馬
MdN(2010-01-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
td width=

mixiチェック