先週、新しいPCが届きました。振り返ると大学生の頃は、一人暮らしのワンルームに2台のサーバ、1台のPC、1台のノートPC、1台のキャンビー(笑う所)があった気がします。とにかく世の男子というものは“基地化”が大好きでありまして、コタツの周りに必要なリモコンを並べるような方は、きっと理解できるものと思います。そんな私も「デスクトップPCなど邪魔以外の何者でも無い」と思う新人類になりましたので、ノートPCを新調してみました。モノはThinkPad T510。
ThinkPad右にある画面のような感じで、まあ普通のノートPCなのですが、動画編集をする「Premiere Elements 8.0」がサクサク動くようなスペックが欲しかったので、ノートの割には多少高スペックであります。
その代わり、重量が約2.67kgと比較的重いという点はあります。また我が家の怪獣、浅葱くんが猛烈に元気なので、耐久性に優れた「Let's Note」にしようかと悩みました。が、最終的にはキー配列が割と希望通りな「ThinkPad」としました。

キー配列、大事ですよね。ノートPCを変えますと、そのキー配列に馴染むまでが非常に苦労すると思います。大抵は左のCtrlキーがFnキーなんかになっていて、コピー・ペーストがやりにくいなんてのはよくある話ですね。

こちらがT510のキー配列全体図です。
キー全体

今まで使っていたDELLに比べますと、やはりCtrlとFnが逆だったりするのですが、まあこれは慣れればいいと思います。誤差の範囲であります。




しかし個人的に許せないキーがあります。




それコチラであります。
許せないキー

パッと見て「なんだこれ」って思うのですが、コレ実はブラウザなどの「戻る」「進む」キーなのです。ざっと調べた所でも“「戻る」「進む」がウザい”“無効にしたい”といった意見が多いです。理由は「散々入力欄に文字を記入した後、カーソルと押し間違えて“戻る”を押してしまい、文章がパーに!」といった内容が多いです。押し間違えた際のリスクが高いんですね。

ちなみに私が使っていたDELLの場合ですと、この部分が「PageUp」と「PageDown」になります。
普段「PageUp」「PageDown」をよく使ってるよ!なんて方は少ないと思うのですが、このキーが無いPCを扱ってみますと「あれ?無いと困るな」と私はよく思います。無意識に使ってますので、いざ無くならないと重要性が分からないのですね。人生の中でよく経験するアレみたいなものです。どれだよ!


って事で、キーの配列を変えてみようと色々調べてみた所、「ThinkPadのブラウズボタンを別のキーに割り当て」という大変ためになるサイトを見つけましたので、この内容を応用しまして「PageUp」「PageDown」を割り当ててみました。

実際に変更したレジストリの画面も載せておきます。
レジストリ
(クリックすると大きくなります)

・「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout」にバイナリ値の「Scancode Map」を追加
・上記画像の通りに編集
・Windowsを再起動

こんな手順で変える事ができます。あ、コレ言っておかないといけない気がするので言っておきますと、レジストリの編集は自己責任で行ってください。なんかおまじないのようにどのサイトでも書いてあるので真似ておきます。

ということで、快適な編集環境を手に入れましたので、今後も写真撮影と動画撮影にも力を入れたいなと思う今日この頃でございます。
Windowsレジストリ「完全」カスタマイズWindowsレジストリ「完全」カスタマイズ
著者:伊達 一斗
販売元:秀和システム
発売日:2009-01
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

mixiチェック