秋に紅葉撮りまくった甲斐がありました。ちなみに知ってましたか、2,3年紅葉撮ってますが、雑誌に載った事は実は無いんです。紅葉ってのはそれだけ応募の多い被写体なので、ありきたりな工夫だとダメなんだろうなと、毎年枕を濡らしていただけに嬉しいです。
ちなみに先月の2010年01月号では、割と自信のあった紅葉写真を応募してたのですが見事に落選。

秋模様
秋模様 posted by (C)葱
■ 落選した割と自信作 ■



逆に選者を笑わせるつもりで応募した浅葱くんの写真がもう少しで入賞(次点)に。

捕獲時の様子
捕獲時の様子 posted by (C)葱
■ なぜか次点になった浅葱くん ■



こんな感じでコンテストというのは全く予想できないのが通例であります。みなさんも自分で「コレだ!」なんて考えてると全然入賞しない事がありますので、色々なパターンを応募してみるのが良いと思いますよ。


ということで、今月入賞したのはこの写真。

目がモミジ
目がモミジ posted by (C)葱

「目がモミジ」コレ実は元ネタがあるのです。確か上條淳士の「TO-Y(トーイ)」(マンガです)でしたかね、ある遊びの一コマで「目がミッキー」ってのがあったのです。
子供心に「こ、これはいいのか…」と思いながらバカウケしたので、頭の中に残っていました。

まあ、そんな感じで遊び心の一枚の方が工夫を感じる気がします。
みなさんも気を楽にして写真を撮ってみる事をオススメ致します。
気づきの写真術 (文春新書)気づきの写真術 (文春新書)
著者:石井 正彦
販売元:文藝春秋
発売日:2001-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

mixiチェック