せっかく2台あるのだから比較してみようじゃないかと思うのが心情であります。
7Dはシャッター音へのこだわりと、高速連射が40Dの秒間6.5コマより速い、秒間8コマとなっています。そこで40Dと7Dの高速連射音を比較してみたいと思います。

さてまず連射の条件ですが、以下のように設定しました。

・レンズ:EF16-35mm F2.8L II USM
・撮影モード:絞り優先
・絞り値:F2.8
・ISO:200
・画像サイズ:S(40Dは1936×1288、7Dは2592×1728)
・CFカード:SanDisk Extreme 16GB(UDMA 60MB/s)
・高感度時のノイズ低減:なし

撮影媒体はパナソニックのLumix(DMC-FX01)です。画質や音質が良くないのはご愛敬ということで。

ではまず40Dの連射音です。


聞き慣れた音であります。

次に7Dの連射音です。


高速になった分、違いが分かりにくい感じもしますが、40Dは低音が大きいですよね。ミラーがぶつかる音の大きさに違いがある気がします。

間違いなく言えるのは、40Dよりは良くなった事だと思います。
若干オモチャっぽい音がしていた40Dですが、7Dになると重厚な感じを受けます。
とは言え、これが決定打となって7Dを買うという所までは行かないですよね。

ちなみにSサイズでもRAWをプラスしたり、高感度時のノイズ低減を「強め」にしたりすると、数枚撮影後、途端にBUSY状態になります。
CFの書き込み速度がネックなのか、処理速度の問題なのかまでは分かりませんが、少なくとも私の環境ではそんな感じです。

まあそんなに長時間連射する事無いので問題は無いです。

ということで手持ちマクロ撮影時に結構使ったりしますし、私の場合は常に高速連射モードなので、こういう音は結構重要だったります。何かのご参考になれば幸いであります。
音のしくみ (図解雑学)音のしくみ (図解雑学)
著者:中村 健太郎
販売元:ナツメ社
発売日:2005-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

mixiチェック