この記事を書いているのは2009年9月なのですが、開始の記事は古い写真を削除した時に消してしまいましたので、再度書いておきます。
まあこの2006年、2007年付近の記事を見て頂ければ写真のデキはヒドイと思いますw

例えば2007年2月に撮った写真がコチラ。

良い瞬間ですが、背景は全く考えられておらず、ただの面白い写真になっています。
当時は「これは我ながら素晴らしい」と思っていたものです。



由布島水牛車
由布島水牛車 posted by (C)葱

こちらは2007年7月に由布島で撮った水牛車であります。よく見れば左から右に傾いてますし、ピンボケですし…。
これも当時は「やったぜ!パンフみたいだぜ!」と思っていたものであります。


まあこんな感じで、当初は旅行行った時に「せっかくだから一眼レフで撮ろう」程度の気持ちで撮影しておりました。
おそらく多くの一眼レフユーザの方と同じです。


ただ私の場合、元々は“雑誌に載ってるような写真が撮りたい”という思いがあった為、2008年の2月くらいから毎週末撮影に出かけるように自分で勝手に決めて撮ってました。

よってその辺りから試行錯誤している写真を見ることができます。

たまに撮れた良い写真を、“なんで良かったのか”という事を考えながら忘れないうちに次の撮影に出かけておりました。

そんな感じで今の私の写真があります。

みなさん最初は同じですので、私のブログで少しでも安心して頂ければと思います。
デジタル一眼レフがわかる (Fist Book)デジタル一眼レフがわかる (Fist Book)
著者:豊田 堅二
販売元:技術評論社
発売日:2008-07-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

mixiチェック