初夏から秋にかけてコスモスが咲くかと思います。特に初夏は毎年「もう咲いてる!」と思うのがコスモスですよね。コスモスというのは花らしく綺麗に花びらを広げるとてもシンプルな咲き方をします。また密集して咲くことが多いので、カメラを持っているとついついレンズを向けたくなってしまいますね。

さてそんなコスモスですが、割とどこでも見られる“スタンダードな花”という印象なので、普通に撮ってもなかなか面白い絵にはなりません。どういった所を工夫すれば良いのかを書いてみたいと思います。


コスモスだけを撮影する場合

“コスモスだけで撮影”とは、その花だけでどうにか絵を作る場合です。背景や周囲のものと合わせないので、撮影する方は楽なのですが、なかなか面白い絵には辿り着けません。必然的にマクロ写真になると思いますので、ただのクローズアップ写真にならないように気を付けたい所です。

マイステージ
マイステージ posted by (C)葱

例えばこんな感じで、小さなクモがいましたので撮ってみました。クモってあまりいい印象じゃないですが、子供の場合はカマキリなども可愛くなりますよね。そういうものを主体にしてみると良いかもしれません。

虫に頼らず花だけ、といった場合はシベに面白い形が無いかを探してみるのが良いと思います。


コスモスと背景を合わせてみる

今度は背景を合わせてみるパターンです。主体と背景というのは割と合わせやすいパターンです。ファインダーで覗いて、面白い背景の見える位置まで移動します。できるだけ主体のコスモスと合うような場所を探すのがベストです。

「背景に玉ボケが見えた」というだけの場合でも、なるべく主体とのバランスを取れるくらい余裕を持って撮りましょう。

涼を求め
涼を求め posted by (C)葱

こちらは玉ボケが見えたパターンですね。ちょっと花の向きが真横過ぎて、コスモスっぽく見えないのが反省点です。こういう時は、できれば花を少し手前に傾けるように手を添えるか、傾いている花を探す方が良いでしょう。

ただ花のラインに背景のコスモスの桃色と、玉ボケが花の方から出ているように見えている部分は、多少工夫したようなイメージになります。



オーラ発散
オーラ発散 posted by (C)葱

こちらは背景に木々の隙間の空を入れています。ただの木々の隙間が背景にあるよりは、花に合わせてみることで、色々な表現が可能になると思います。

また花の撮影時は花心にピントを合わせるのが定石です。花心が見えない時は一番手前の花びらに合わせるとピンボケ写真に見えなくなります。



コスモスと前景を合わせてみる

いわゆる「前ボケ」というヤツです。私の最近のマイブームな撮影方法です。

例えば以下のように手前に白い花、奥にコスモスがあったとします。
仕組み

黄緑色の矢印の通り、望遠レンズで白い花の隙間を縫って、奥のコスモスを1輪だけ入るようにフレーミングを工夫すると、以下のような感じで撮影できます。



花の向く先
花の向く先 posted by (C)葱

このサンプルの場合、望遠レンズの開放絞り(F5.6)で撮影しています。F値が少なければ少ない程、フワフワ感が増しますが、前ボケのフワフワ感が大きくなりすぎて邪魔になる事もあります。




霧のように
霧のように posted by (C)葱

こちらも開放絞りで撮影しています。



霧のコスモス
霧のコスモス posted by (C)葱

こちらは多少絞ってF8.0で撮影しています。前ボケが主体にかかってしまってますので、主体がぼやけるのを防ぐ為に絞っています。
但し絞る事で前ボケもクッキリ出てきてしまう場合もあります。撮影後は画像をチェックして、イメージ通りかを確かめて下さい。



初夏の絵
初夏の絵 posted by (C)葱

こちらもF8での撮影です。こちらは主体に前ボケがかかってないので、かなりハッキリとした見え方になっていると思います。
写真で言う“シャープにする”とは、絞りを絞ってクッキリ見せるという事と同意です。シャープにした方が面白くなる、と判断した時には若干絞った方が良いかもしれません。

但し私のお薦めとしてはF11やF8くらいまでで、それ以上になるとあまりいい絵になる事はありません(回折現象という光の回り込みが発生し、逆にシャープでは無くなります)。



シャトル打ち上げ
シャトル打ち上げ posted by (C)葱

あとは背景に見えるボケと前ボケを組み合わせて、全く違うものを表現してみたりするのが良いかもしれません。
スペースシャトルの打ち上げにしてはちょっとショボイ絵ではありますが、言いたい事は分かって頂けると思います。分かってください。お願いします。



ということで、コスモス一つとっても色々な撮影方法があると思います。
今回の例にはありませんが、群生するコスモスの場合、1輪だけにするには難しいかもしれません。その場合、群生した数十本を1輪に見えるくらいまで引いて撮るのも手です。
コスモスではありませんが、先日公開しましたコチラのヒマワリ写真などは、その手法を用いています。
ひまわりの咲く頃
ひまわりの咲く頃 posted by (C)葱




コスモスは長い期間楽しめるお花で、形も花らしく美しいです。
是非誰もが憧れるようなコスモス写真を撮影してみてください。
花写真―上手になるための18のルール花写真―上手になるための18のルール
著者:写真の学校 東京写真学園
販売元:雷鳥社
発売日:2002-03
クチコミを見る

mixiチェック