EOS 50D発表されましたね。
このブログはそういうニュース扱う所では無いのですが、なぜか毎回発表されるたびにやっていますので、とりあえずということで。

発表前にサイトが漏れてしまって、若干スペックなどは事前に分かってしまってましたが、オフィシャルサイトでも対応しましたので、早速40Dと50Dの比較表を見てみました。

オフィシャルサイトの比較表

いかがでしょうか。

50Dが優れている点 40Dが優れている点
・有効画素数(約1510万画素)

・映像エンジン(DIGIC 4)

・ISO感度(100〜12800)

・液晶モニタードット数
・連続撮影速度(最高約6.5コマ/秒)

・バッテリーの持ち

※上記どちらも、些細な(と勝手に判断した)違いは省いています。

ということで、以下より私感です。


連続撮影速度が40Dより劣った点は、画素数アップによるものと思われます(映像エンジンは変わってますが3より劣る部分は無いと思います)。

画素数はどうでもいいのですが、DIGIC4が魅力だと思います。
オフィシャルサイトでは「ISO 3200でもキレイ」を謳ってます。証拠に40DではISO 100〜1600までが応用撮影ゾーンだったものが、50DではISO 100〜3200までになっています。拡張モードとして6400、12800があるといった具合です。

ISO 3200までいかずとも、1600程度で本当に綺麗な写真が撮れるのであれば、凄い魅力となるかと思います。


他にはライブビューにおいて、顔を最大35人分識別可能というのもあるようですが、これはさすがに一眼レフ持ってる人は使わないでしょう。

あとは液晶モニターのドット数でしょうか。
背面のモニターが綺麗になればなるほど、その場でブレなど判断できますので、CFを有効活用できるかもしれません。

40Dから50Dに移行する人は正直あまりいないとは思います。
Kiss NやXユーザの方が購入されるのを狙っているのは間違い無いかと思います。


実機が発売される前のデモ機によるサンプル写真が気になる所ですね。


mixiチェック