昨日は岡山出張でした。
例によって飛行機は朝一の便。窓側も確保。前の席の下にカメラ入りカバンを忍ばせいざフライト!

…と思ったら離陸前から寝てしまいました。ありがちです。

ハッ!と気がついたら「あと10分で着陸態勢となります」のアナウンス。1時間も寝てました。

ということで岡山空港まであと20分という辺りで外を見ると、淡路島らしきものが見え、「あれ?ここはどこだ」と思い頭の地図と格闘していると、なんと兵庫の実家の真上でした。

つい先日より定年で仕事に行かなくなった父やら母やらがいる、そんな実家はるか上空を息子が飛んでいく。不思議な感じです。

飛行機で撮ったのはその辺りの写真となります。
ジャンクション
ジャンクション posted by (C)葱

どこでしょか。実家に近いであろうジャンクション。



実家上空
実家上空 posted by (C)葱

これが実家近くの加古川。水色の水道橋が見えます。

水道橋
水道橋 posted by (C)葱

これが水色の正体。水道橋ゆえ、水が通ってるらしいです。



ということで岡山空港到着。
実は今まで岡山市と倉敷市はだいぶ離れているんだと思いこんでおり、立ち寄るリストにもなかったのですが、電車で15分の距離だと知り、空港から一路倉敷へ。

倉敷駅からは徒歩で1km程度南へ歩くと美観地区入口となります。近い。
駅前の大通りから一歩入ると、いきなり景観が変わります。

美観地区
美観地区 posted by (C)葱

この様な水路を中心に、周りはセンスのある建物が建っています。


確か子供の頃に連れられて来た記憶がありますが、蔵のような白い壁しか記憶にありません。「ふ〜ん」くらいの感想しか残ってないです。
当時の私はド田舎のガキんちょだったので、特に昔の景観がどうとは思いませんでした。

しかし今や眠らない街トーキョーに住むシチーボウイですよ。
感動しないわけがありません。

「わー、映画のセットみたいだなー」とか思いながら撮影していると、祖父に連れられた女の子が「わー!映画のセットみたいだね!」と言ってました。

そうか、私はボキャブラリーが未だ小学生のままなのか、と変な実感を得つつ更に撮影をしておりました。

倉敷住人
倉敷住人 posted by (C)葱

サギさんです。川の小魚を凄い勢いで食べておりました。その後人の歩く道路に上がり、優雅にお散歩。



味のある街
味のある街 posted by (C)葱

こういった街灯も趣がありますね。ちなみに今回はマクロレンズと16mm超広角を持って行ってます。



あの日の情景
あの日の情景 posted by (C)葱

こちらは無料休憩所の2F。どうぞあがってくださいと書いてあったので、上がってみると、何やら懐かしい感じが。まるで小学校の木造校舎のようです。

それらしく撮ってみようと色々やってみました。



窓からの景色
窓からの景色 posted by (C)葱

窓枠をあえて残してみたり。こんな景色の家に住みたいです。



お食事
お食事 posted by (C)葱

こちらは街路樹にパンが挟んであります。スズメがどんどん来てました。



水の木
水の木 posted by (C)葱


和の流れ
和の流れ posted by (C)葱

水を生かした撮り方を色々と。



緑の楓
緑の楓 posted by (C)葱

快晴すぎて、玉ボケを作るのも一苦労。



平和を見守る者
平和を見守る者 posted by (C)葱

帰り際、またサギが来たので撮影してみました。何か老人かのような見守り方でイカしてました。



歴史を振り返る
歴史を振り返る posted by (C)葱

振り返ってます。



このあと岡山駅に移動。

踊る花
踊る花 posted by (C)葱

岡山駅前には球型の噴水があるのですが、どう撮ろうか少し考えて、花と合わせてみました。
球型の噴水に日光が当たり、綺麗な玉ボケができました。
まるでミラーボールみたいなので、上記のようなタイトル。

ということで、倉敷の美観地区、素晴らしい景観で楽しめました。

mixiチェック