昨日は岐阜県に出張でした。

大学時代の4年間岐阜に住んでいたとは言え、観光地なんて全く行かなかったのです。
そこで今回は岐阜県定番の金華山に行ってみる事にしました。

制限時間は午前中の2時間のみ。

事前に調べてみると、金華山の頂上には岐阜城、展望台、リス村があるとの事。お城とか散々撮ってる割にはあまり興味無いのでパス。展望台もパス。向かうはリス村です。

早速ロープウェイで頂上まで登りましたが、事前調査の通り、朝9:30にならないと開きません。金華山のてっぺんで暇つぶしです。
神の宿る石
神の宿る石 posted by (C)葱

こんな断層みたいな石だか岩だかがあったので、撮ってみました。



そんなこんなでオープンです。
200円払ってリス村へ。

狭い敷地にスーツ姿のオッサン一人。
やたら沢山いるリスは全てタイワンリスという種類。ちょっとネズミに似ています。
私の想像ではシマリスみたいなメルヘンチックなリスさんが「わー、人間だー人間が来たぞー。いぢめる?」とかそういうのを想像してたのですが、ちょっとイメージと違います。

入村と同時にお姉さんがやって来て、間髪入れずに「ではどうぞ」と手袋を差し出されます。
しかも右手用です。撮影するのに右手は塞がってしまうので、

「み、右ッスか。左無いッスか」

と聞いた所、「無理矢理左手に付けちゃってください」との事。
そして撮影したのがコチラ。

手乗りリス
手乗りリス posted by (C)葱

ドラえもんがいたら飛んで逃げそうな程、ネズミ風です。
ちなみに次から次へと足やら背中に飛び乗ってきて、人間ジャングルジム状態です。
ツメが鋭く、ズボンやらスーツやらにしがみついて来るリスは結構痛みがあります。最初は結構ビビってしまいましたが、そこはオッサンらしく「ハハハ、元気がいいな!」と虚勢を張ってみたりしていました。誰も居ないのに。



結局、撮影するには手袋は非常に邪魔で、エサが無くなったらすぐ取ってしまい、撮影を続けました。
別のお客は全く来ません。独占です。

そして撮影したのがこちら。

物憂げ
物憂げ posted by (C)葱


眠気
眠気 posted by (C)葱

このネズミにシッポが生えたのを、どうにか可愛くしてあげようと、玉ボケを使ったりしてみました。

ちなみにシマリスもいるのですが、ゲージの中で完全防備状態です。


浴びる程飲みてぇ!
浴びる程飲みてぇ! posted by (C)葱

何十分もいると、こういう場面にも出会えます。下に洗面器の水があるのに、なぜか蛇口から飲もうとしてました。笑えます。



二日酔い
二日酔い posted by (C)葱

その洗面器の水を飲むリス。後ろから見ると二日酔いでリバースしてる以外に見えません。
私も最近同じ事やっちゃいまして嫁様から総スカンを食らってしまいました。
このリスに親近感を覚えます。



ということで40分くらい居てしまいまして、お姉さん方には大変邪魔だったと思います。最後は「撮影しやすい場所にエサ置きましょうか」と気遣われてしまいました。ゴメンナサイお姉さん。

更に出口では「ひょっとして添乗員さん?」とまで言われてしまいました。
リス園にスーツで40分もいれば、案内の合間にやってきた添乗員と思われても仕方有りません。

「いえ、通りすがりの者です」と言いたい所でしたが、小心者の私は「いえ、違います」と恥ずかしそうに出て行きました。



ということでリス村は退散しました。
ロープウェイで登る前に見た、麓の岐阜公園がかなり手入れが行き届いており、かつ上手な作りだったので、散策に行こうと思い下りました。

作る人々
作る人々 posted by (C)葱

こちらは帰りのロープウェイで撮影した古い街並み。



緑の庭園
緑の庭園 posted by (C)葱

こちらは岐阜公園の一部。
「あー、この石の上に何かあるといいのに」と思ったら何と亀がいるではありませんか。「これはおあつらえ向き!」と半ば興奮して撮っていたのですが、途中で本当にあつらえた物だと気づき意気消沈。
作り物のカメさんでした。



初夏の紅葉
初夏の紅葉 posted by (C)葱

紅葉が綺麗でした。初夏なのに。
うちの近所でもみかけるのですが、春に紅葉する種類もあるみたいですね。不思議な感じです。



白藤
白藤 posted by (C)葱


白い玉
白い玉 posted by (C)葱

白藤がとても綺麗でした。とにかく東京より暑いので、早く咲いてしまうのでしょう。驚きの満開でした。



落花
落花 posted by (C)葱

なんだかよく解らない所に入ると立派な庭園もありました。
誰もいないので落ちた花などをまったり撮影。シックです。



庭園
庭園 posted by (C)葱

深緑のライトが照らされた感じで、とても美しかったです。



岐阜公園の後は、その近所にある古い街並みを散策。川原町という所らしいのですが、鵜飼いで有名らしいです。

小京都の花
小京都の花 posted by (C)葱

花と街並みを、と思ったら明暗差が激しすぎて真っ黒に。



川原町
川原町 posted by (C)葱

こんな感じで、少し昔チックな物が置いてあったりします。本当に一部だけですが。



古き良き時代
古き良き時代 posted by (C)葱

懐かしのポストもあります。あまり広く撮ってしまうと現代が見えてしまうので、制限して制限して撮っております。難しいのです。



危険な子供
危険な子供 posted by (C)葱

危険な子供がいます。というのは冗談ですが、危険さを出す為に斜め構図。効果アリって事で。



そしてこのあと大垣行ったり美濃加茂行ったり仕事をこなして岐阜羽島から帰宅。

夕暮れの岐阜羽島
夕暮れの岐阜羽島 posted by (C)葱

人が少ないのでカメラ出して撮ってみました。

20時過ぎに品川に到着したのですが、なんとその直後、静岡付近でのぞみから飛び降りた人がいたとか。待ちぼうけを食う所でした。危なかったです。

ということで岐阜と言えばリス村です。
みなさん是非一度行ってみてください。

mixiチェック