紅葉についてのサイトを色々調べた結果、2007年11月24日時点で、都心では立川より北か、山の上に行かないと見られないという結論に至り、今日はどこに行こうかと悩んでおりました。
結局近場で馬事公苑となりました。お馬さんでも見られればいいかな、といった感じです。

そして到着後、ウロウロとお馬さんを見物しながら、奥に作り込まれた日本庭園エリアに行った所、ものすごく赤い木を見つけました。
近づいてみるとなんと紅葉でした。

まあ早咲きの桜もあるくらいですから、ちょっと寒いくらいですぐ赤くなってしまうモミジもあるのでしょう。

ということで予想外で多少興奮しながらバシバシ撮ってきました。
陽の当たる紅葉
陽の当たる紅葉 posted by (C)葱

赤の裏
赤の裏 posted by (C)葱

ひとりぼっち
ひとりぼっち posted by (C)葱


興奮と書きましたが、紅葉を撮る上で大事な事をお教えしましょう。落ち着く事です。
まず雑然と「わーきれい」で撮ると、いまいちな写真しか撮れませんので、落ち着いて綺麗な葉と背景を考える事が大事だと思います。

ということで、馬事公苑ですのでお馬さんもたくさんいます。

今日はたまたま東西大学の馬術競技が行われておりました。
ルールは障害物の置かれたコースを馬に乗って飛んでいくという感じ。
東西で不公平にならないように同じ馬を使って、失敗すると減点するという減点方式です。

競技が始まると、どこからかゴツいカメラとプログラムを持ったオジサンが私の周りに2人ほどいました。
みなさん私より良いレンズをお持ちで、羨ましい限りでした。

ゴツいレンズでどういうものが撮れているのかは気になります。
ということで私が撮ったお馬さん。

ジャンプ
ジャンプ posted by (C)葱

馬駆ける秋
馬駆ける秋 posted by (C)葱


後者の頑張っている感じの出ている方が私は好きです。

ちなみに馬事公苑は、空に舞う馬券と悔しさでできております。
JRAに貢献している方は是非一度行った方が良いと思います。
私は結婚してから馬券は買っておりませんのであしからず。

mixiチェック